齋理屋敷のイベント『コスプレDay』!特典はジェラート!素敵な大正ロマンの写真撮影を楽しもう

おでかけ

宮城県伊具郡丸森町の歴史のある大商家のお屋敷、齋理屋敷(さいりやしき)。

丸森町で大切に維持管理をしており、一年中いろいろなイベントを企画されています。

うさこ
うさこ

そこで始まったのが『コスプレDay』!!

齋理屋敷でコスプレを楽しめるイベントです。

齋理屋敷の大正ロマンのロケーションは、コスプレにもポートレートにもピッタリ!

全ての場所で撮影OK、SNS投稿歓迎

今回は、齋理屋敷のイベント『コスプレDay』の情報(料金、見どころ、ジェラート、写真スポット、アクセス、駐車場など)についてご紹介します!

スポンサーリンク

齋理屋敷のイベント『コスプレDay』基本情報

♦イベント名: コスプレDay

♦会場:蔵の郷土館齋理屋敷

♦住所:〒981-2165 宮城県伊具郡丸森町町西25

♦会期:2021年8月29日(日)、10月31日(日)、12月26日(日)
    2022年2月27日(日)

♦営業時間: 現在、9:30~16:00の短縮営業中
(通常)9:30~17:00

※企画や催事により変更の可能性あり

♦休館日:月曜日 ※祝日の場合は翌日

♦入場料金:

個人団体
大人620円520円
小人310円260円
詳細は下記に記載

♦主催:丸森町蔵の郷土館齋理屋敷

♦URL:>> 蔵の郷土館 齋理屋敷

♦Instagram:【公式】蔵の郷土館 齋理屋敷

♦Twitter: 蔵の郷土館 齋理屋敷

♦facebook: 蔵の郷土館 齋理屋敷

♦駐車場・アクセス: 下記に記載

♦お問合わせ:0224-72-6636 

感染症対策へのご協力をお願いします

マスク|除菌|充分な間隔|手指の消毒

※齋理屋敷は丸森町から預かっている公共施設であるため、やむを得ず中止となる可能性もあります。
最新情報につきましてはHPやSNSなどでご確認ください。

スポンサーリンク

齋理屋敷の入場料金

  • 障がい者手帳をお持ちのご本人様:入館料半額
  • 付き添いの方:1名無料
うさこ
うさこ

和装セット 大人1000円というプランが気になります!

和装Dayのときに利用できそうです。

スポンサーリンク

齋理屋敷の見どころ

齋理屋敷とは、江戸時代後期から七代にわたって繁栄した豪商である齋藤家の屋敷を改装した郷土館

外から見るよりも中は広く、昔の豪商の凄さを感じることができます。

うさこ
うさこ

最盛期には、現在の価値で数十億円の純資産を有していました!

事業の内容は、主に呉服の商売、味噌・醤油の醸造、裁縫業など。

齋藤家の歴代当主は齋藤 理助(さいとう りすけ)。

その名前から通称「齋理」と呼ばれています。

正面の店蔵は、1848年(嘉永元年)に建てられた屋敷内で最古の建物で、地元の特産品やオリジナル法被などを販売する売店が入っています。

2階には「大正ロマン喫茶」もあるのですが、今は感染症対策で営業していません。(2021年8月現在)

2011年1月、これらの歴史ある建造物は国の登録有形文化財に登録されました。

つぎは写真撮影スポットについて!

スポンサーリンク

齋理屋敷の写真撮影スポット

どの部分を撮影しても美しい齋理屋敷。

表門をくぐりアヒルさんの花手水を見た後に、居宅の方へ。

広いお座敷には目にも鮮やかな立派なお着物!

お着物作りの要となっているのが養蚕。

丸森町は養蚕が盛んで、猫神様を祀っています。

お庭では猫さん達が遊んでいました。

2階には、ダンポさんの事や昔の暮らしについての貴重な資料が展示されています。

大正ロマンのロケーションならば、刀剣乱舞や鬼滅の刃、千と千尋などのコスプレがぴったりですね。

居宅の展示は季節ごとに変わっているそうです。

四季折々の自然や展示物を鑑賞できるのがうれしいポイント。

真夏だったので頭上から霧状の打ち水が散布されていました。

元気な立派なコイ!

池でエサやりという映えるシーンも撮影できます。

小川の水もとても綺麗です。

さらに進むと大正時代の木造洋館建築の「新館」。

綺麗なお手洗いもあるので、子供がいても安心です。

コスプレのメイク直しもできます。

手入れが行き届いた綺麗な環境です。

オルガンや絵画、ステンドグラスなどがあり、海外の文化が入り始めた時代を体感することができます。

完全に気持ちは江戸・明治へとタイムスリップ!

まだまだ素敵な撮影スポットがたくさんあるので、ぜひ探索してみてくださいね。

(ちなみに時短営業している飲食店が多いので、移動や帰りの時間は計画的に考えておいた方が良さそうです。)

齋理屋敷内の地図

齋理屋敷に行くと頂ける地図です。

齋理屋敷の敷地内には、居宅1棟と蔵6棟、石造りの浴室1棟に加えて、丸森町が新築した建物2棟の合計10棟があります。

つぎは更衣室について!

スポンサーリンク

齋理屋敷のイベント『コスプレDay』更衣室情報

  • 有料の控室が2室
  • 朝9時半から午後4時まで利用可能
  • 料金はおひとり様3,000円(事前予約制)
  • 着替え、メイクともに車内等で済ませる場合は入館料620円のみで参加が可能

※コスプレでのご利用をご希望の方は、齋理屋敷さんのHPもしくはお電話にてお問い合わせ下さい。

※1日の受け入れ可能な組数に制限があるそうです。

つぎはジェラートの特典について!

スポンサーリンク

『コスプレDay』ではジェラートの特典がある!

コスプレ特典は、ジェラテリア・ラフェスタのジェラート!

いちご・ミルク・もも・はちみつナッツの4種類です。

また、テイクアウトもあるので受付にお声がけくださいとのことです。

うさこ
うさこ

シャリシャリで美味しかったです♪

三井アウトレットパーク仙台港の「ITAGAKI × GELATERIA LA FESTA」さんにも行ってみようと思います!

つぎは齋理屋敷へのアクセスについて!

スポンサーリンク

齋理屋敷へのアクセス

齋理屋敷へのドライブ中には、四季折々の阿武隈川沿いの景色を堪能できます♪

車で向かう場合

丸森駅までは、福島駅から最速約50分仙台駅から最速約60分です。

  • 常磐自動車道「新地」ICから約20分
  • 東北自動車道「白石」ICから約30分、「国見」ICから約40分

福島駅から齋理屋敷へのアクセス(有料道路を使用した場合)

仙台駅から齋理屋敷へのアクセス(有料道路を使用した場合)

公共交通機関で向かう場合

阿武隈急行線「丸森駅」から、バスまたはタクシーで約5分

>>丸森町民バス路線図と時刻表

越後タクシー丸森営業所 配車室TEL:0224-72-2054

つぎは齋理屋敷の駐車場について!

スポンサーリンク

齋理屋敷の駐車場

齋理屋敷前駐車場

駐車場は3つあります。

  • 齋理屋敷前駐車場 地図
  • 丸森町観光案内所駐車場(約80m / 大型バス可)地図
  • 齋理屋敷第2駐車場(約300m)地図

つぎは『和装デイ』について!

スポンサーリンク

イベント『和装デイ』もおすすめ!

和装デイというイベントもあります!

会期:’21.9.26(日)、11.28(日)、’22.1.30(日)、3.27(日)

お着物、浴衣、じんべい、振袖などの、和風デザインのお洋服でご来館の方がお得になる日です。

ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

齋理屋敷のイベント『コスプレDay』まとめ

以上、『齋理屋敷のイベント『コスプレDay』!特典はジェラート!素敵な大正ロマンの写真撮影を楽しもう』をご紹介しました。

今回は齋理屋敷の自然や建築物を堪能できて、とても楽しかったです!

丸森町は感染症対策もかなり厳密に行っており、自然の風が常に吹いていて密にもなりにくいので、安心して観光できる場所です。

帰りに大内のフルーツサンドや、地元のお野菜や果物も購入できてうれしかったです♪

メダカや金魚が販売されているほど自然が豊かな丸森町。

リフレッシュできる観光スポットです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました