めるる(生見愛瑠)|髪ケアグッズまとめ!今夜くらべてみました

エンタメ

2021年4月14日日本テレビ 「今夜くらべてみましたでヘアケアの方法について語っためるる(生見愛瑠)さん。

とっても髪が綺麗ですよね!

めるるさんは「ヘアケアに関しては口が止まらないです」と語るほど髪ケアにこだわりが。

お風呂は1時間、お風呂上がりのケアに2時間かけるそうです。

今回は、めるる(生見愛瑠)さんの髪ケアの方法や使用しているクシ、トリートメントなどについてご紹介します!

めるるさんは今日から片岡愛之助さんと高校生役で特濃ミルク新CMにも出演されるので、そちらも注目です!

スポンサーリンク

めるる(生見愛瑠)のヘアケアのやり方

お風呂からでたら秒で全身に化粧水→パック→髪という流れなので、ケアにかかる時間は2時間弱。

暑いときも寒いときも欠かさずケアをするのは大変ですが、「やればやるほど綺麗になるのがうれしくなる」ので、スポーツ感覚で楽しんでやるのがコツとのことです!^^

めるるの7つのヘアケアルーティン

お風呂上がりのケアケアは以下の7つです。

  1. ミストヘアオイル
  2. 粗めのクシ
  3. ドライヤー
  4. オイルサンド
  5. ブラッシング
  6. 後ろ髪用のクシ
  7. 前髪用のクシ

番外編 ホテルのアメニティー

①ミストヘアオイル

まずはヘアオイルで髪をコーティング。

オージュアクエンチミストを湿った髪に吹きかけて、手櫛でなじませます。

ポイントは毛先中心に浸透させること。

②粗めのクシ

粗めのクシ(パドルブラシ)で髪をとかします。

髪を通しやすいので、いたみにくくなります。

③ドライヤー

プロも使用する高性能ドライヤー(ホリスティックキュアドライー)で上から下に手櫛をしながら約20分かけて乾かします。

ボサボサになってしまうので、絶対に下から上に乾かさないようにします。

④オイルサンド

オイルをかけてからドライヤーをした後に、さらにオイルをつけてサンドします。

使用するのはナプラ N. シアオイル エヌドット

カラーで傷んだ髪も綺麗になるので、毛先にもしっかりオイルをもみ込みます。

他にも、パサつき用、ボディにも使えるもの、いい香り、自然な仕上がり用など、髪の具合によって使い分けています。

⑤ブラッシング

オイルをつけた後には、細かい目のセンシティブブリッスル ダーク・ルビーでとかします。

「クシ界のロールスロイス」と呼ばれていて、熟練の職人が1本1本手作業で作っている最高級品!

クシはイノシシの毛でできており、適度な水分と油分が含まれているのが特徴。
櫛通りがよく傷みやすい髪質の方におススメです。

オイルをつけていなくても、とかすだけでツヤツヤしっとり!

⑥後ろ髪用のクシ

全てがおわって完成したら、3本目のクシ ビュリーアセテートコームブランでさらにとかします。

細かいからみをとることができます。

⑦前髪用のクシ

前髪には静電気を押さえるクシK24GPツキゴールドを使います。

本物の金が入っているそうです!

番外編 ホテルのアメニティー

ホテルのアメニティーのクシはとても便利!

丁度いい粗さなので、前髪の束間を作るときに使っているそうです。

寝る時も髪が枕でこすれるのがいやなので、髪を真横に流して不動で寝るという徹底ぶりです!

スポンサーリンク

めるるのヘアケア(髪ケア)事情が凄すぎる!まとめ

以上、『めるる(生見愛瑠)|髪ケアグッズまとめ!今夜くらべてみました』についてご紹介しました。

めるるさんにとっての髪の毛は「剥き出しの心臓」というほど大切な物。

綺麗な髪の毛は日ごろの努力の賜物なのですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました