「はっと」を登米市で食べました!宮城の郷土料理でほっこり!お店とレシピもご紹介!

はっとを登米市で食べましたグルメ

今から約400年前。
自然が豊かな米どころの登米とめ地方は、伊達藩の「買米制度」により、年貢を納めた後の余ったお米まで江戸に買い上げられていました。

満足にお米を食べられない農民は、小麦粉を練って、おいしい「はっと」を作り出します。

はっとが広く好まれるようになると、領主は

「小麦ばかりを作り、米作りをしなくなるのでは」

と考え、はっとを禁止=法度(はっと)するようになったことから、「はっと」と呼ばれるようになりました。

今回は、そんな美味しすぎてご法度にされてしまった「はっと」(宮城県登米市とめしの郷土料理)の解説、おすすめのお店、登米無双などについてご紹介します!

スポンサーリンク

「はっと」は宮城県登米市の郷土料理

はっと

登米市とめしに古くから伝わるソウルフード、「はっと」。

ツルツル、もちもちの食感がたまらないはっとは、小麦粉料理のひとつです。

小麦粉に水をくわえて、耳たぶくらいのかたさになるまで練って、しばらく寝かせます。

生地が熟成したら、指で薄く伸ばしながらちぎり入れて、醤油仕立ての汁でコトコト煮込みます。

ベテランのお母さんが、リズミカルにポンポンと生地をつみながらお鍋に入れていくのは、なかなか真似できないスゴ技です!

デザートにするときは、茹でたはっとに、あずき、ずんだなどを絡めます。

御出汁や具材は、登米とめ地方の中でもさまざま。

それぞれの地域と、各家庭の味が堪能できるお袋の味です!

スポンサーリンク

はっとを宮城県登米市で食べられるお店「蔵・ら~ 」

宮城県登米市登米町寺池桜小路2 とよま観光物産センター「遠山之里」内

喰膳 蔵・ら~ (くらら~)
営業時間:11:00~16:00
定休日:無休
電話番号:0220-52-2922

登米市とめしの観光拠点、とよま観光物産センター「遠山之里」
その中にあるお食事処、蔵・ら~。

遠山之里は、お食事処、観光案内、新鮮なお野菜とお菓子、お土産など、何でもあって便利な場所。
なので、まずはここに行くことをおすすめします!

お手洗いも比較的新しくて広々しているので、子連れの方はここでゆっくり旅支度ができると思います。

「喰膳 蔵・ら~」には、「はっとセット」や、「油麩丼」など、郷土料理がたくさん。

はっとのほかにもミニケーキなどがついていて、大満足のランチをいただけました♪

周辺にも、登米とめのグルメが楽しめる昔ながらのお店がたくさんあるので、ぜひ散策してみてくださいね。

「はっと屋台村」と「日本一はっとフェスティバル」もおすすめ!

登米市とめしでは、一年中はっとの催しを楽しめます。

はっと屋台村(2020年開催中止)

「遠山之里」前で、さまざまな「はっと」の屋台が並び、食べ比べができます。
定番の「油麩はっと」の他にも、あずき、牛もつ、赤豚、海鮮、など!
(1杯300円~)
私は、春のお花見の季節に行きました。
桜やたんぽぽに囲まれながら、青空の下でいただく温かいはっと。
とっても幸せを感じました!

日本一はっとフェスティバル(2020年開催中止かは不明)

登米市とめしの各地から、おふくろの味「はっと」が集結するビックイベントです。
ステージでは、はっと踊り、よさこいなども披露されます。

「インドカレーはっと」「あっさり中華はっと」など、国境を越えたはっとも!
はっとの人気投票などもあり、ぜひ行ってみたいです。

スポンサーリンク

はっと(宮城県登米市の郷土料理)/レシピ

作り方は、とてもシンプル!

小麦粉は普通のものでOKですが、とよま観光物産センター「遠山之里」で売っている、はっと用の小麦粉もおすすめです。

トメ流 おいしい“はっと”の作り方(4人分)

小麦粉(150g)に水(80㏄)を加え、耳たぶくらいの柔らかさになるまで練った後、寝かせておく。

適度な大きさに油揚げ(1枚)、大根(2/4本)、しいたけ(2個)、長ねぎ(1本)などを切っておく。

鍋に水(1000cc)とカツオだし(6g)を入れて火に掛ける。

沸騰手前で食材としょうゆ(40cc)を入れる。

寝かせておいた生地(はっと)を薄くのばし、一口大にして鍋へ入れる。

この“はっと”をちぎる動作を「はっとつみ」といい、登米無双の奥義にもこの動きが取り入れられているとか… 生地に火が通ったら塩(3g)で味を調えて完成!

お好みで七味とうがらしをどうぞ。

トメ流 おいしい“はっと”の作り方(4人分)/登米無双のサイトより引用

レシピ動画もあります。

ぜひお試しください♪

小麦粉をちぎる作業が楽しいですよ。

 

スポンサーリンク

「はっと」は宮城県登米市の郷土料理/まとめ

以上、『「はっと」を登米市とめしで食べました!宮城の郷土料理でほっこり!お店とレシピもご紹介!』をお届けしました。

東北最大の北上川が流れ、豊かな水と大地に恵まれた登米市とめし

昔から登米とめで愛されてきたはっとは、食べる人の心も体もホッと満たしてくれるお料理です。

登米市とめしの魅力は、グルメだけではありません。
明治時代の、モダンな和洋折衷の歴史的建築物などもあり、かつての日本人の美意識を感じることができます。

以前、はっと汁を食べた後に、教育資料館で袴を着せてもらう「ハイカラさん着付け体験」をしたことがあります。
かわいい着物を着て、昔の女学生気分になれて、とても楽しい思い出になりました!

郷土愛に溢れる登米とめに、ぜひ遊びに行ってみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました